読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

箱根観光情報局

箱根観光に関する選び抜かれた情報を提供します。

箱根の定番コース -電車編-

※車編はこちら



【 こんな人におすすめ! 】

はじめて箱根を訪れる。

東京方面から電車で箱根に訪れる。


【 コンセプト 】

はじめて箱根を訪れる方には、

是非、箱根が誇る歴史や大自然に触れてほしいと思います。


それらを堪能できる、いわゆる箱根の「ゴールデンコース」を紹介します。

わざわざ紹介しなくても、多くの人がこのコースになる・・・

という突っ込みはナシで!


小田原から箱根の玄関である湯本に到着し、

箱根の主要な観光名所を巡るパーフェクトコースです。


【 旅の準備 】

このコースは、「箱根フリーパス」が必須です。

パスについての詳細はコチラ


下記のコースは「箱根フリーパス」を最大限に活用するコースですので、

事前に最寄りの販売所でパスを購入し、ロマンスカーの予約を取りましょう。


【 1日目のコース 】

①首都圏の各駅・・・小田急ロマンスカー・・・②箱根湯本・・・箱根登山鉄道・・・

③強羅・・・箱根登山ケーブルカー・・・④早雲山・・・箱根ロープウェイ・・・

大涌谷(名物「黒たまご」を食べる!)・・・箱根ロープウェイ・・・

⑥桃源台・・・芦ノ湖海賊船・・・⑦箱根町・元箱根・・・箱根登山バス・・・

⑧本日の宿へ


【 コースの紹介@1日目 】

1日目は箱根ロマンスカーで東京方面から、

箱根の玄関口である湯本までの列車旅で幕を開けます。


新宿からだと約1時間半の列車旅。

途中、町田などに停車しながら箱根湯本を目指します。


湯本に着いたら、駅前は観光地ムード満載です!

お土産物屋さんや食事処がたくさん並んでいて、大変賑わっています。


しかし、ここは我慢。


帰路に就く時、ロマンスカーの待ち時間にこの場所を散策するので、

一旦この場所とはお別れ。


箱根登山電車に乗って強羅に向かいましょう。


箱根登山鉄道
箱根登山鉄道 / maskimur


この箱根登山電車は1919年に開業し、

日本で唯一、「登山」と名前の付いた列車であり、

その名に恥じぬ、日本で最大の勾配を駆け上がる鉄道です。


勾配が厳しいのでジグザグに斜面を登っていくため、

途中で先頭が交代するスイッチバック方式となっており、

強羅駅に到着するまでに3回進む方向が変わります。


途中下車しなければ40分ほどで強羅駅に到着しますが、

宮ノ下駅で途中下車して、老舗「富士屋ホテル」を眺めてみるのも一興です。


ジョンレノンやチャップリンも泊ったことがある旅館と聞くと、

見ているだけで自分も大物であるかのような錯覚/妄想ができちゃいます。


また宮ノ下駅のすぐ近くには、

NARAYA CAFE」さんもあるのでぜひ!


強羅駅に到着したら、そのままケーブルカーで早雲山まで行ってもいいのですが、

「田むら 銀かつ亭」さん等の有名食事処があるので食事をとるのもいいですね。


休日は食事をする場所が混雑することも多いので、

12時前に食事をとってしまうことをおすすめします(^^)


また、箱根登山電車・ケーブルカーの各駅には食事処が多くあるので、

食べログるるぶなどの雑誌で調べてみると、旅の準備から楽しめますし、

時間の調整も可能になるのでおすすめです。


せっかくフリーパスを持っているのだから、

時間が許す限りじゃんじゃん乗り降りしてください。


実際に歩いてみると新たな発見もあり楽しいので。


個人的には、大涌谷で「黒たまご」を食べる前に

食事を済ませておくことを勧めます。


「黒たまご」が何気にボリュームがあるので、

他のものを食べる前にお腹が結構膨れてしまいます。


早雲山や大涌谷には食事をするところがほぼないですが、

桃源台に何軒かあるのでご安心を。


強羅駅から早雲山まではケーブルカーでおよそ10分ほど。


いよいよ早雲山から箱根ロープウェイに乗ります。


ちなみに先ほどの登山電車は日本一の勾配を登る鉄道でしたが、

このロープウェイは、なんとギネスブックに載っています。


世界で最も乗車されているロープウェイ」として、

ギネスブックに登録されているのです。


ミシュランはタイヤ会社、ギネスはビール会社なのに、

なぜレストランの評価したり、世界一を認定したり、

別事業をやってるんでしょう(笑)


話戻りまして・・・


大涌谷の黒い温泉卵、名物「黒たまご」は、

一つ食べるごとに7年寿命が伸びるといわれていますので是非。


大涌谷では、霧が発生してれば映画「ミスト」の世界を体験できます。

「一寸先は闇」ではなく、「一寸先は霧」みたいな感じです。


大涌谷観光は約1時間30分ほどで回ることができ、

ロープウェイは早雲山から桃源台まで30分弱なので、

早雲山から桃源台までの観光は2時間前後をとっておけばいいでしょう。


「黒たまご」を食べた後は、

ロープウェイ一番の見どころである大涌谷~桃源台間。


大涌谷~桃源台間のロープウェイに乗ると、

まもなく目の前には素晴らしい景色が・・・

ぜひ事前に写真などは見ないで訪れて下さい。感動が増すので!


眼下に芦ノ湖が広がっている光景を目にすることができます。


そして、いよいよ桃源台に到着。

桃源台では芦ノ湖遊覧船の海賊船に乗船が出来ます。

だいたい40分おきに出航しているので、時間があれば一休みです。


箱根町や元箱根までは約40分の船旅。

途中、某アニメの舞台で有名な二子山が視界に入ってきて、

興奮する人もいるかも。


40分の船旅が終われば、元箱根や箱根町に到着。

時間があれば周囲を散策してみるのもいいですし、

そのまま宿に向かい、夕食前に温泉に浸かり日頃の疲れをとるのも・・・


心安らぐひとときを。


2日目の旅に向けて心身ともに万全の状態に!